HOME » デザイン制作のポイント » DM制作の相場

DM制作の相場

DM制作にはどれくらいの費用がかかるのか、相場が気になりますよね。
こちらも条件によってかなり値段が変わるため相場を出すのが難しいのですが、たとえばはがきサイズのDMを作る場合、デザイン料として2〜4万円ほどかかることが多いです。
印刷料についてはケースによってかなり違いも大きいのですが、100〜200枚ほど印刷するときに1〜2万円ほどかかるケースもよくあります。

まずはデザイン料ですが、これはDMのデザインを業者に作ってもらうときの料金となります。
プロにデザインをお願いするため費用がかかりますが、DMははがきサイズとなることも多いため、デザインの依頼をしたときにかかる費用は安くなることも多いです。
その結果2〜4万円といった料金になることも多いですね。

このようにしてデザインが完成したら印刷をしてもらいますが、このときに光沢紙100〜200枚といった条件だと1〜2万円ほどの印刷費になることも多いです。
どちらもよくある条件ですから相場として確認しておくといいですが、これら費用はやはり条件によってかなり変わります。

たとえばDMのデザインを依頼するときもサイズは必ずはがきサイズと決まっているわけではありません。
もう少し大きい縦長のサイズを選べることもよくあります。
サイズが大きくなると料金が高くなりがちです。
また、DMの場合は両面に広告を載せることも多いでしょう。
片面なのか両面なのかによっても費用が変わります。
費用が高くなりやすいのは両面のデザインです。
片面だけのデザインにすると費用が安くなります。

さらにデザインの原案がもうできており仕上げだけを業者に頼むのか、それともデザインの原案作りから業者にやってもらいたいのかでも費用が変わります。
原案からお願いする方がやはり費用も高くなりがちですね。
このような条件によって費用もかなり変わりますから、選んだ条件ごとによく費用を確認することが大事です。

このほか、印刷費もまた条件によって費用がかなり変わります。
デザインのところで片面か両面かを選んだと思いますが、印刷するときに両面印刷の方がやや費用が高くなります。
用紙サイズも関係して、はがきサイズよりも大きい用紙を選んでいる場合、やはり費用が高くなりますね。
さらに用紙の厚みも大事で、厚みのある用紙を選ぶと料金が高くなりがちです。

このようにDMの制作費用にはいろいろな条件が複雑に関係するため、実際には条件によってかなり費用も変わります。
相場を確認することも大事ですが、実際に依頼をする業者ごとによく値段を確認するといいでしょう。