HOME » デザイン制作のポイント » DMのデザインと印刷

DMのデザインと印刷

DMを作成するにはデザインの制作と印刷が必要になります。
これらは別々に終わらせてもいいのですが、できれば同じ業者に依頼できた方が楽ですよね。
DMでも実はそのような依頼はできます。
これから制作するそのDMのデザインの制作から印刷まですべてやってもらえるのです。

このような依頼をするには業者選びが大事です。
デザイン制作と印刷の両方に対応できる業者を選んでください。
ここはよく確認したいところですが、そのような業者は多いため、落ち着いて探せばすぐに見つけられるでしょう。

いい業者を見つけられたらそちらまでデザインと印刷の両方の注文を出します。
打ち合わせや見積もりの提示などを通して双方合意にいたれば、その業者の方でDMのデザインを完成させ、そのまま印刷までやってくれます。
完成したら指定の場所までDMを納品してくれますよ。
すでにDMを作ることは決定しており、あとはもうデザイン決めと印刷の発注のみとなるなら、このような業者を利用するとスムーズに制作を進められます。
これら業者も利用してみるといいでしょう。

利用するときのポイントですが、まずはデザインの制作がどのようになるかを確認してください。
デザインのラフがすでに完成しておりその仕上げだけをやる業者もいれば、依頼人からヒアリングした希望やコンセプトよりラフの制作から仕上げまですべてやってくれる業者もいます。
複数のコースがあって依頼人の希望により選べるケースも多いですが、特定のコースのみとなる業者もいないわけではありません。
どのようなデザイン制作が可能なのかよく確認し、希望するような制作ができる業者を選ぶといいですよ。

次に印刷の注文について、希望するようなメニューがあるかもよく確認するといいです。
印刷に関するメニューとはたとえば用紙の種類について。
DMはただの事務的な連絡ではなく、特定の相手に向けた広告や案内となることが多いですよね。
そのため用紙もツヤや光沢感の強い特殊な用紙が使われることもよくあります。
そのような上質な用紙を始め、どのような用紙を選べるのかも、業者選びのポイントとなるでしょう。
DMとしてよく使われる用紙は用意されていることも多いですが、それ以外の用紙にも対応してくれる業者もいます。
このようなオプションの多さも確認してみるといいでしょう。

このようにDMの制作に関してデザインと印刷の両方に対応できる業者はいます。
特定の業者に依頼するだけでDMが完成するためかなり便利です。
DM制作を効率的に進めたいときなど利用してみるといいでしょう。