HOME » デザイン制作のポイント » ポスティングチラシとは

ポスティングチラシとは

プロにポスティングチラシの依頼もできるのですが、そもそもポスティングチラシとはどんなものか、一度もこれを使ったことがない方はあまりイメージがわかないかもしれません。
これは特定の方にだけ送付する広告や資料になるのではなく、不特定多数の方に配るポスティング型のチラシとなります。

ポスティングとは各家や集合住宅などの郵便受けに直接投函すること。
郵便として出すわけではなく、自分で直接チラシを投函して回ったり、アルバイトや業者に任せて投函してもらったりするのです。
そのような目的で作るチラシのことをポスティングチラシといいます。

これは何のために作るのかというと、もちろんそのチラシを作った方が売っている商品やサービスをPRするためです。
できたばかりのお店やサービスなどその地域の方にも知られていないことも少なくありません。
知らないお店には誰も来ませんから、ポスティングチラシを使ってお店ができたことをアピールしお客さんに来てもらったりします。
そのような開店オープンのお知らせ以外でもポスティングチラシは活用されます。
たとえば特売やキャンペーンのお知らせを配ってもOKですし、そのような特売とは関係ない通常通りの商品やサービスを改めてPRする目的で利用されることも多いです。
どのような目的でポスティングチラシを作成してもOKですが、新規顧客の開拓を目的にされることが多いですね。

ポスティングチラシとは先にもご紹介した通り、郵便を通さずに郵便受けへと直接投函していく形のチラシとなります。
これの利点はこれまで接点のなかった顧客にもチラシを配れることです。
郵便を通して送付するDMなどでは過去に自社を利用したことのある顧客などへ送付する例が多いですが、これだと新規顧客の開拓にはなりませんよね。
新規顧客に送ろうにも住所や送り主の氏名などがわからないと郵便は送れませんから、DMで新規顧客を開拓するのは難しくなっています。
このような制限がないのがポスティングチラシです。
これまで接点のなかった方にも届けられるチラシとなるため、うまく使えば新規顧客を開拓して売上アップにつなげられます。

そのような可能性のあるチラシですから、できればうまく使いたいですよね。
ただチラシを配るだけなら簡単ですが、それだけだとあまり見てもらえないことも少なくありません。
ポスティングチラシを効果的な広告とするためには、不特定多数に配る投函型のチラシとはいえ、きちんとデザインなどに配慮して人目をきちんと引くことが大事です。
この点もポイントとしてよく確認しておくといいでしょう。