HOME » デザイン制作のポイント » チラシのデザインや印刷

チラシのデザインや印刷

チラシを作るときにはデザインも大事ですが、最終的には印刷することも必要ですよね。
数枚や数十枚くらいなら自分のプリンターで印刷することも可能ですが、ポスティング用のチラシなど数百枚から数千枚といった単位で用意することもあります。
これくらいの規模で作成するチラシのデザインや印刷など、慣れていないとどう対応すればいいかわからないことも多いでしょう。

これについてですが、専門の業者などに依頼するという方法があります。
そちらの業者まで依頼すればデザインも対応してくれますし、最終的に印刷した上で納品してくれるのです。
そのような業者がいいときは、業者選びのときにデザインと印刷の両方に対応できることをよく確認してください。
このような一括対応をやっている業者も多いですが、デザインの作成代行のみだったり、デザインの提案や作成はあまりやっていなかったりする業者もないわけではありません。
両方に対応できる業者に依頼すればデザインの作成から印刷まですべてやってもらえますから、依頼さえ終われば細かい制作作業は業者側でやってくれます。

そのためきちんと自分の希望を依頼時に伝えることを意識してください。
これら業者を利用するときは最初にチラシのデザインについて打ち合わせを行います。
このときに希望をきちんと伝えてください。

また、このときに業者によっていくつかのコースがある場合も多いです。
そのコースとはチラシの草案は依頼人が作り仕上げだけを業者がやるコース、そのような草案作りから業者がやるコースなどです。
制作をすべて依頼するほど料金が高くなりますから注意してください。

印刷まで依頼する場合、このほかにどれくらいの部数を用意したいのかも注文します。
このときには用紙サイズや用紙の種類、表裏それぞれの印刷条件なども指定します。
ポスティング用のチラシなどならやや小ぶりの用紙で片面印刷のみといった条件がよく選ばれますが、これには特に正解などはありません。
そのチラシの目的や送る相手、売りたい商品のグレードなどから決めるといいでしょう。

これら印刷条件についてよくわからないときは、この点からサポートしてくれる業者を選ぶのもおすすめです。
相談内容が増えるほど料金も高くなりがちですが、それの代わりにプロが効果的なチラシの条件を提案してくれますから安心ですよ。
このようにチラシのデザインの制作から印刷まで、ノンストップですべてやってくれる業者もあります。
実際にチラシを作るときにはすべて同じ業者に任せた方が簡単ですから、依頼を考えてみるといいでしょう。